« | »

時間軸は3種類

ストーリーを構成する時に考えなければならない要素の一つに、
「時間軸」があります。

時間軸というのは、要はストーリーの中で
どういう風に時間が経過していくか、という設定ですよね。

普通に考えれば、時間は「過去→現在→未来 」
という形で進みますが、
ストーリーの構成上は、大きく分けて3つのパターンがあるかと思います。

それぞれに向き不向きがありますので、
ひとつずつ解説していきたいと思います。

■時間軸のパターンその1 「現在→未来 」

これは最もオーソドックスな、一般的な進め方です。

小説・映画・演劇・漫画を問わず、どこにでも使われているパターンで
大抵の作品はこの形で時間を進めます。

私達の生活と同じように、「今現在」の自分が主人公となり、
人生を生きるように、時間が進んでいきます。

この形では、(当然ですが)未来が見えませんので、
ストーリーの先が見えない事、そして将来への希望や不安を表現できるため、
読み手の感情移入がしやすいというメリットがあります。

 

■時間軸のパターンその2 「現在→過去」

先ほどの「現在→未来」に次いで多いのが、この「現在→過去」パターンです。

これがどういう形かと言いますと、要は「過去を振り返る」という
ストーリー形態です。

小説の冒頭で、現在の主人公が出てきますが、大抵は老年になっています。
何かの取材や回想録のような形をとって、そこから昔の大きな出来事を
振り返るというストーリー構成が多いようです。

このパターンで有名な作品といいますと、
例えば、映画の「タイタニック」などが挙げられますよね。

あの作品では、現在101歳の老女ローズが、タイタニック引き上げプロジェクトの
リーダーを務めるラベットに、当時のタイタニック号の状況を
語るシーンから物語が始まります。

そして、回想シーンに入ったあとからがストーリーのメインとなり、
レオナルド・ディカプリオ演じるジャックと、
ケイト・ウィンスレット演じる、当時17歳のローズの恋の物語が始まります。

また、話題になりました「世界の中心で愛を叫ぶ」も
ある意味ではこのパターンに入るかも知れませんね。
(タイタニックほど明確にこのパターンを踏んではいませんが)

このパターンを使う場合、最初に結論が出てしまっていますので
ある程度読み進めるうちに、おおよその結末が見えてくるというデメリットがあります。

しかし、例えば「タイタニック」のように、
実際の史実をストーリーにする場合は、とても説得力のある構成になります。

ノンフィクションを書く時には非常に強力な構成になりますが、
逆にSFやファンタジーを書く時には、なかなか使い辛い手法ともいえるでしょう。

 

■時間軸のパターンその3 「現在→過去→未来」

非常に面白いのが、この3つ目のパターンです。

パターンその1とその2の美味しいところをドッキングしたような
構成に作り上げる事の出来るパターンだと考えています。

これはどういう構成かと言いますと。

ストーリーの始まりは、「現在→過去」パターンと同じように
今現在の主人公から始まり、過去を振り返る形をとります。

ストーリーが進み、現在の自分にまで時間が辿り着くと
今度は「現在→未来」パターンへと切り替わり、
今現在の自分から未来へ向けて進んでいくという構成です。

このパターンで表現されているのは、
例えば、映画「g@me」(ゲーム)などが当てはまります。

藤木直人と仲間由紀恵が共演した作品で、覚えておられる方も多いかも知れませんね。

この作品の時間軸を見て行きますと、
まずストーリーの始まりは、藤木直人が倒れているシーンです。

なぜこうなったのか。

そこから過去を振り返る形で物語は進みます。

そして、ストーリーがある程度進んで、「なぜこうなったのか」がわかり
始まりのシーンにまで時間軸が進み、最初のシーンへ戻ってきた時点で
普通の「現在→過去」パターンではここで物語終了ですが、
「g@me」は、ここから「現在→未来」パターンへと切り替わり
更に先へとストーリーが進むのですね。

あまり詳しく語ってしまいますと、まだ観ておられない方に
申し訳ないですから省きますが、非常に面白い構図で、こういうパターンはこれから増えていくのではないかなと
思わされる構成です。

他の作品で言いますと、ブラッド・ピッド主演の「ファイトクラブ」も
これに近い構成を使っています。

このパターンを使うと、
「現在→過去」のように、(先がある程度見える)構成の綺麗さと、
「現在→未来」のように、(先が見えない)希望と不安の要素を
両方あわせて使う事ができるのですね。

ただし、難点としてはやはり「難しい」という事でしょうか。

「現在→過去」パターンと「現在→未来」パターンの切り替えを
ストーリーのどこで行うのか。

これが出来ていないと中途半端な作品になってしまいますので、
まずは何度か試作で書いてみて、練習をしてみる必要があるかも知れませんね。

「ちょっと変わった構成で書いてみたい」という方は、
是非一度お試しくださいね。

 

<参考作品>

□映画「g@me」 
g@me.(通常版) [DVD]

□映画「タイタニック」
タイタニック [DVD]

□映画「ファイトクラブ」
ファイト・クラブ [DVD]

□小説「世界の中心で愛を叫ぶ」 

世界の中心で、愛をさけぶ