« | »

小説の印税はどのくらい?

かなり気になる所ですよね(笑)。

正直、出版不況も長いですし、小説の売り上げそのものが落ち続けていますから、なかなか「夢の印税生活」は大変なご時勢です。

 

しかし、実際のところを知らないと、目標や夢も設定できませんから、ちょっと現金のお話も考えていきましょう。

 

まず、大前提として、「小説だけで生活出来るのは上位数パーセントだけ」と覚えておいて下さい。

それでは、具体的に数字のお話へと移りましょう。

まずぶっちゃけで結論です。

小説家に払われる印税は定価の10パーセント前後 (新人はもっと安いという話ですが、詳しい数字は不明)と言われています。

つまり、ハードカバーで定価1500円の本が10万部売れた場合、

1500×0.1×100,000 = 15,000,000

1500万円です。十分にリッチ生活が出来そうに見えますよね(笑)。

しかしこれは「10万部」売れた場合です。試しに一度10万部売れている作品がどれくらいあるのか、調べてみてください。昔でも厳しい数字ですが、出版不況の今となっては10万部売れる作品は非常に数少なくなっています。

仮にあなたの本が1万部しか売れなかった場合を考えてください。(1万部でも十分ヒットと言える数字だとは思いますが…)

印税は150万円です。
文学小説はただでさえ書くのに時間がかかります。年に3冊も4冊も出せる訳ではありません。(あなたが仮に書けたとしても、出版社側でそれだけ発行する余裕がない場合も多くあります)

年に1,2冊しか出せずにそれで生活しようと思うと…、これはなかなか大変ですよね。

これが、小説一本で生活している人の少ない理由です。最近は本業のお仕事を持ちながら、副業でプロ小説家をされている方が大半だそうです。

兼業は何も恥ずかしい事ではありませんから、お仕事を続けながら、小説家デビューの夢を追うのも楽しいかも知れませんね。

追記
「何万部売れる」という数は純粋に新刊の書店に並ぶ本の数に限ります。古本屋の本は当然、カウントされません。