おすすめの小説書き方本

「論理的なコトバの使い方&文章術」

投稿日:

最近、面白い本を読みました。

小説の書き方本ではないのですが、ちょっと役に立ちそうな一冊です。


「論理的なコトバの使い方&文章術」
 著者 :出口 汪
 出版社:フォレスト出版

一言でいいますと、
「カリスマ講師が教える、論理的な文章を書くためのテキスト」ですね。

予備校の先生が書いているだけあって、
内容はまさに「国語の教科書」です。

これだけで
「ああ、嫌だ嫌だ、アレルギー出る」と思われた方も多いかも知れませんね(笑)。

正直。結構難しいです。

文章自体は簡単で読み易いですが、なんといっても「論理的文章」の
本ですから、理解して使えるようになるまで苦労する一冊です。

私も昔、塾で国語教師のアルバイトをしていましたが、
それでもこの本にあるテストをしてみた所、ボロボロでした(笑)。

やはりこれからは論理的に書けないとダメかなと思い
トライしてみたのですが、一度でなく、何度か読み直していく事で論理文章が身に付くようですね。

内容としては、接続詞の使い方や
文章の段落ごとの関係などを考える本ですね。

長い文章を書く方には、是非一度読んでいただきたい一冊です。
(文章の見方がちょっと変わりますよ)

<作品紹介>

論理的なコトバの使い方&文章術 頭をスッキリ整理するスキルが身につく!

 


-おすすめの小説書き方本
-

執筆者:

関連記事

no image

「翻訳夜話」 村上 春樹、 柴田 元幸

本のタイトル:「翻訳夜話」 著者    : 村上 春樹、 柴田 元幸 著者を見てもおわかりのように、 あの村上春樹さんが、翻訳の専門家・柴田さんと対談を行い その内容を一冊にまとめた文章考察本です。 …

no image

「ユング 心の地図」 

「ユング 心の地図」 マレイ・スタイン著 青土社 小説家をしている以上、どうしても心理学は避けて通れません。 人の根源的な部分を知った上でなければ、名作と呼ばれる深いものを 書きにくい、という部分があ …

no image

ライトノベルを書く時、資料になる本【6選】

ライトノベルを書き始める時や、書きながら行き詰った時に役立つ 小説の書き方本6冊をまとめてみました。   【書き始める前に読むべき本】 1.ライトノベルの書き方 ライトノベルの書き方 キャラ …

no image

「愛について語るとき、我々の語ること」(レイモンド・カーヴァー)

レイモンド・カーヴァーの 「愛について語るとき、我々の語ること」のご紹介です。 レイモンドさん自身が、文章がとても綺麗な方なのですが、その翻訳をしている方は なんと、村上春樹さんです。 これだけでハマ …

no image

書く前に読もう超明解文学史 ワセダ大学小説教室 (三田 誠広)

小説は書くが、文学史にはとんと疎い。そんな方へイチから文学史を教えてくれます。 教科書と違い、「何故そうなったのか」というストーリーを書いているため非常に読みやすい内容です。 文学史というと、「何年に …


アクセス数
今日 :
昨日 :

小説ブログランキング
↑今一番読まれている小説ブロガーさんは?

人気ブログランキングへ