« | »

「論理的なコトバの使い方&文章術」

最近、面白い本を読みました。

小説の書き方本ではないのですが、ちょっと役に立ちそうな一冊です。


「論理的なコトバの使い方&文章術」
 著者 :出口 汪
 出版社:フォレスト出版

一言でいいますと、
「カリスマ講師が教える、論理的な文章を書くためのテキスト」ですね。

予備校の先生が書いているだけあって、
内容はまさに「国語の教科書」です。

これだけで
「ああ、嫌だ嫌だ、アレルギー出る」と思われた方も多いかも知れませんね(笑)。

正直。結構難しいです。

文章自体は簡単で読み易いですが、なんといっても「論理的文章」の
本ですから、理解して使えるようになるまで苦労する一冊です。

私も昔、塾で国語教師のアルバイトをしていましたが、
それでもこの本にあるテストをしてみた所、ボロボロでした(笑)。

やはりこれからは論理的に書けないとダメかなと思い
トライしてみたのですが、一度でなく、何度か読み直していく事で論理文章が身に付くようですね。

内容としては、接続詞の使い方や
文章の段落ごとの関係などを考える本ですね。

長い文章を書く方には、是非一度読んでいただきたい一冊です。
(文章の見方がちょっと変わりますよ)

<作品紹介>

論理的なコトバの使い方&文章術 頭をスッキリ整理するスキルが身につく!