« | »

「翻訳夜話」 村上 春樹、 柴田 元幸

本のタイトル:「翻訳夜話」
著者    : 村上 春樹、 柴田 元幸

著者を見てもおわかりのように、
あの村上春樹さんが、翻訳の専門家・柴田さんと対談を行い
その内容を一冊にまとめた文章考察本です。

村上春樹さんといえば、
小説の作家だけではなく、翻訳の分野でも有名ですよね。

最近で言えば、サリンジャーの
「The Catcher in the Rye」 (ライ麦畑でつかまえて)の
翻訳が有名です。

春樹さんいわく、
「翻訳は、左脳を使う仕事。小説は右脳を使う仕事」。

この本を読んでいると、
「自分で書く事」と「翻訳する事」の違いの他、
「自分の作品が外国語に翻訳されるとどう感じるか」
「翻訳をする上では、言葉のニュアンスの壁を感じる必要がある」
というような事が語られています。

しかし、
この本で一番面白い所と言えば。

やはり、春樹さんと柴田さんとの、翻訳の比較でしょう。

一人の外国の作家さんの作品(もちろん英語)を
村上版の翻訳、柴田版の翻訳がそれぞれ掲載されています。

これを一文ずつ見比べていくと、
元々は同じ文章のはずなのに、日本語になおした時、
二つが全く別物の作品になってしまっているんですね。

これはとても面白いですよね。

全く同じ文章なのに、全く違う作品になる。

これを読んでいますと、「日本語には無限の表現方法があるんだ」と
思わずにはいられません。

人が変わるだけで、同じ内容なのに全く違う作品になるという
一つの実験結果を発表したような一冊です。

表現の幅を広げたい方は、ぜひこの本で
二人の訳を一文ずつ、比べてみて下さいね。

 

<作品紹介>

翻訳夜話 (文春新書)