設定

登場人物は何人がベスト?

投稿日:

物語は人の数ではない。しかし…

 

一つの小説に一体何人の人間を出すべきなのか?

難しいポイントですよね。

短編に五人も十人も出されてしまっては、おそらく読者様も全員を覚え切れないでしょう。逆に長編において二人だけで進んでは、ややもの足りなさが残ります。

 

しかし、これはあくまで「一般論」であり、作者の実力次第でコントロールが可能な部分でもあります。
実際、名だたる文学賞を受賞した作品などでは、信じられない人数設定がなされているケースも多く見受けられます。

 

ここは貴方の物語が必要とする人数を出せばそれで良いと思います。

 

しかし、一つ考えなければならない事があります。

それは、「必要なイベントや名台詞を言わせるためだけに人物を増やしてはいないか?」という点です。

セリフやイベントのために人数を増やす事には、あまり意味がありません。

 

ストーリーの組み方を工夫してやれば、そのセリフやイベントは他の既存の人物で代用出来る事が多くあります。

そのようなケースで人数をむやみに増やしているのであれば、そこは削り所です。

他の(既存の)キャラクターに置き換えてみましょう。基本的に、人数構成はよりシンプルな方が好まれます。

 

目安という点で、一言で言ってしまうならば、短編なら三人まで。長編なら五、六人の辺りが目安でしょうか。

しかしあくまで目安ですので、書き分けに自信があれば、何人になさっても構わないと思います。

登場人物の人数は必要最小限! これが鉄則です。

 


-設定
-,

執筆者:

関連記事

no image

小説の設定の活かし方

さて、今回のテーマは小説の「設定の活かし方」についてです。 小説における「設定」と言いますと、 どうしても主人公の性格や、登場人物の個性や、 あるいは服装、髪型、喋り方など、そういう点に目が行ってしま …

no image

キャラクターの創作方法

小説を書く時にはキャラクターが欠かせません。 当然ですが、主人公がいて、脇役がいて、敵役がいて、その他大勢がいます。 こうしたキャラクター達を思い描き、実際に小説で文章にする時、 「その元になる方(つ …

no image

小説のタイトルの付け方

さて、今回のテーマは 「小説のタイトルの付け方」についてです。 小説のタイトルというのは、本当に千差万別ですし、 明確なルールのない部分でもありますから、 「こうしたら良いんですよ」という答えも、無い …

no image

時間軸は3種類

ストーリーを構成する時に考えなければならない要素の一つに、 「時間軸」があります。 時間軸というのは、要はストーリーの中で どういう風に時間が経過していくか、という設定ですよね。 普通に考えれば、時間 …

no image

キャラクターの設定をより深く掘り下げるには

さて、今回のテーマは「キャラクターの設定をより深く掘り下げる」です。   具体的には、 先日、私が心理学関係の本を読んでいる時に ふと思い浮かんだアイデアがありましたので、それについて 書い …


アクセス数
今日 :
昨日 :

小説ブログランキング
↑今一番読まれている小説ブロガーさんは?

人気ブログランキングへ