« | »

キャラクターとセリフをリンクさせる

「小説の書き方講座」では、私、しのぶが
普段からこんな調子の文章ですので、皆様もこれに慣れておられるかと思います。
が、これが、次の記事から突然

「皆さん、ハロー! 元気かい!? ほんじゃあ、今日も小説講座、いっきまーす!
頑張ってついてきてねっ、レッツゴゥ!! キャハハハ!」

なんて文章になりましたら、どう思われるでしょう。

 

少なくとも、私が書いているというよりは
他の方に書き手が変わったか、あるいは私の人格が変わってしまったか……。

そんな所をご想像されるかと思います。

 

なぜ、こんな事を申し上げているかといいますと。

小説にしろ、メルマガにしろ、サイトの文章にしろ、
「言葉には、指紋のような特徴がある」
と考えているからなんですね。

 

文章というのは、誰が書いても、絵画のような大きなタッチの違いは出てきません。
同じ内容を同じ順序で書けば、おおよそよく似たものになります。

しかし、それでも違いはあります。

同じ内容を、同じ順序で書いていても、やはりどこか違う。
指紋のように、微妙だけども、どこか違う。どこかにその人らしさがある。

 

その差は何でしょうか。

私はそれを「使えない言葉」だと思っています。

 

人には「まず使えない言葉」というものがあるように思います。
例えば私、しのぶの場合。

絶対に使えない言葉は…、
先程の「ハイテンション系」の言葉は全てアウトです。

「キャハハハ」も「ハロー」も「レッツゴゥ!」も
私のキャラではないので使えません。

また、思いっきり関西人ですので
「~じゃん」も「チョー受ける!」も「マジ、すごくねー?」にも、かなり強い抵抗感があります。

私が記事を書く度に、
「~じゃん」になったり、「~である」になったりしますと、
「あなたは、一体…誰?」と思いますよね?

 

キャラクターを維持する、というのは
「いつも使う言葉を一定に保つ」という事だと思います。

 

普段の会話では、自分の一番楽な言葉を使いますので、実際の生活で
キャラクターがブレる事はありえません。

が、例えば小説では、ついやってしまうんですよね。
例えば。

優しい気弱な主人公が、緊迫したシーンでだけ
「違う! そうじゃない!」と叫んでいるシーンが意外とあったりします。

こうなると、シーンによって、キャラがブレてしまいます。

本当に気弱なキャラが、勇気を全身で搾り出して叫んだと言うのなら

「違うの! そうじゃなくて!」か
「違う、違うの! そうじゃない……」か、
微妙ですが、どこかに弱さを残している言い方になるはずなんですね。

この気弱な主人公にとっては「キツイ言葉」は「使えない言葉」なんだと思います。

この人はこういうキャラ、と決めておく事は大切です。

でも、それと同じくらいに
「使えない言葉」をハッキリさせておく事も、大切なのだと思います。

 

文章しか見えない世界では、文章の書き方ひとつで、まるで別人のように
見えてしまう事があります。

文章の書き方が毎回毎回、あまりにブレていると、読者の方も
「今回は、違う人?」と不安になってしまうため、
自分の言葉遣いをいつも一定にしておく必要があると思います。
 

その方法が。
「こういう言葉遣い、こういうキャラで」と決めておく事ですが
それと同じくらいに
「使えない言葉」を決めておく事だと思います。

自分自身に「この言葉は使わない」とリミッターをかけておく訳ですね。


「リミッターで統一感を出す」

キャラクターのブレが気になり始めた時に
思い出して頂く事ができれば幸いです。