« | »

擬音語を使わない

文章力を上げたいと思った時に、最初にすべき事。

はじめに結論を出してしまうならば、小説の中で擬音語を使わない事です。

 

擬音語とは、直接、音を文字で表すものです。例えば、「ドン」「ガン」「バン」「ドカーン」などですね。

 

例えば戦争のシーン。こういう表現があったとすれば、どうでしょう。

その時、主人公の背後で巨大な爆発音がした。
ドカーーーン
「一体何が起こったんだ!」
 

 

こうしてしまうと安っぽく見えますよね?

安っぽく見せたい、それを狙っているのならば話は別です。コメディなどのジャンルでは特にそうです。

しかし真面目な話を書きたいのならば出来るだけこういう表現は避けるべきです。

 

擬音語を使えば、確かに表現は楽になります。しかし作品の質をキープする事が難しくなります。

 

音を文字で表現するのだから、性質がまるで違う分やはり難しくなります。

しかしここで「ドカーン」を使って楽をしてしまうとどうでしょう。

読者様を貴方の文章の世界に引き込む事が大切であるのに
「ドカーン」としてしまう事で、一瞬でも読者に安物感覚を与えてしまっては、読者様も引いてしまうでしょう。

(そもそも、「ドカーン」の文字を読んで、そこに臨場感や緊迫感を感じれる読者様は、一体どれくらいいるでしょうか?)

 

音を表すために、直接、音を文字にしない。

そういう難しい物を頭をかかえて考えるからこそ小説家なのではないでしょうか。

 

例えば、さきほどの「ドカーン」の表現。もし違う表現にすればどうなるでしょうか?

・突如、背後から爆音が響き渡った

と、耳に訴える表現が一番ストレートでしょうか。

 

・突然、大きな衝撃が背中を押した。振り向くと、そこには大きな炎が上がっていた

と、身体感覚に訴えるのもアリかも知れません。

 

・ふと、火薬の臭いが感じられた。嫌な予感が、間髪置かずに現実になった

と、少しひねった感じも面白いかも知れません。

 

考え始めれば、100人いれば100通りの表現があります。

ぜひ、自分だけの音の表現を見つけましょう。