文章力を上げる

ひらがなとカタカナの使い分け

投稿日:

よく言われますよね。  ひらがなは柔らかい、カタカナは堅い感じがすると。

これはやはり事実です。

おそらく日本人の大半は、この感覚を強いなり弱いなり持っているのではないでしょうか。

 

ひとつの言葉にこれだけ多くの人が共有している感覚というのはなかなか珍しいとは思いませんか?
文章を書く上で、これを利用しない手はありません。

ひらがな = 柔らかい、暖かい、優しい、ゆっくりした、子供っぽい、落ち着く
カタカナ =  堅い、冷たい、機械的、違和感

 

印象を挙げるとこのようになるかと思います。
これは意外と使えます。

小説においては、特にセリフの中で活きてきます。

例えば、「好き」と「スキ」と「すき」では、たった二文字でもそのキャラクターの年齢、性格、考え が出てしまいますよね。

このような文章があった時、それぞれからどんな印象を受けるでしょう?

 

・あなたの事が、好き

・あなたの事が、スキ

・あなたの事が、すき

 

…それぞれに、微妙に印象が違いますよね。この1行からイメージする人物像も、それぞれ個性が違っているかと思います。

 

あなたの描きたいキャラクターの性質と、言葉の出す雰囲気がアンマッチを起こすと、読者にとっては致命傷になりかねません。

言葉は生きていますから、決してこのルール通りに行くとも限りませんが、やはりある程度有効な方法であるのは確かです。

言葉をわざわざ変えなくとも、ひらがなと漢字とカタカナを上手く使い分けるだけでも、文章から受ける印象は大きく変わります。

表現力を上げるたいと思った時は、まずこういった言葉の違いから入るのも良いかも知れませんね。


-文章力を上げる
-,

執筆者:

関連記事

no image

比喩表現を上手く活用するには

さて、今回は比喩表現を上手く使うコツについて考えていきたいと思います。 まず、比喩表現について、簡単におさらいだけさせて頂きますね。 比喩表現には、大きく分けると二つの方法がありましたね。 そう。直喩 …

no image

一人称か三人称か。それぞれの特徴

小説の書き方には、基本的に一人称と三人称があるのはご存知ですよね。 一人称というのは、自分自身の視点で描く物語。 三人称というのは、ナレーターの視点で客観的に描く物語です。 ストーリーや設定を考える前 …

no image

「セオリー通り」が名文を生む

文章にはセオリー(暗黙のルール)があります。 お客様への挨拶文ならば時候の挨拶から。 社内メールなら「お世話になります。~の件ですが」。 年賀状ならば今年の抱負。 文章には必ず使うべき言葉があります。 …

no image

直喩法と隠喩法の使い方

-直喩- 直喩とは比喩(例える事)の一部です。隠喩と違い、直接的な表現で例える手法です。 代表的な言葉では「~のように」「まるで~のようだ」「あたかも~のように」「~みたいだ」など多数。 イメージを掴 …

no image

独創的な表現を生み出すコツ

きっと ウルトラマンのそれのように、 君の背中にもファスナーが付いていて 僕の手の届かない闇の中で 違う顔を誰かに見せているんだろう そんなの知っている もしも ウルトラマンのそれのように 総ての事に …


アクセス数
今日 :
昨日 :

小説ブログランキング
↑今一番読まれている小説ブロガーさんは?

人気ブログランキングへ