情景描写が上手くなる 文章力を上げる

言葉の持つ雰囲気を使い分ける

投稿日:

作品の雰囲気を何が作るかといえば、まずストーリーが浮かぶはずです。これは当然といえば当然です。

しかし雰囲気を作るもうひとつの大切な要素。それは間違いなく「言葉」です。

 

一人称にするか三人称にするかで同じ作品でもずいぶん違った感じに見えますが、その理由も、この「言葉」です。

 

一人称ではどうしても口語調にならざるをえません。逆に三人称はナレーターの言葉ですから口語調になってはいけないというルールがあります。
口語と文語では当然、雰囲気は大きく変わります。

ここまではよくある話ですが、ここからがポイントです。

 

同じ一人称でよく似たストーリーでも雰囲気が違うという例がありますよね?

これが「言葉選び」の結果です。

物書きは、必ずこの「言葉選び」の問題に直面します。

 

少し具体的な表現例を見てみましょう。雪のシーンを表現してみます。

1.その日は朝から雪がちらついていた。

2.白い粉のような雪がゆらゆらと降りてきて、積もる前に消えていく。

3.銀の粉粒が風を間を縫うように舞い、軟着陸しては姿を消す。

いかがでしょうか?

まず1番はそのままです。これでは少しそっけない感がありますよね。
2は少し詩的な感じのする一人称、
3は三人称のナレーションで使われる事が多いタイプです。

 

では、それぞれどの点が違うのでしょうか?2と3を比べてみましょう。一つの事実に二つの言い方がある事がわかります。

 

2「白い粉 」 = 3「銀の粉粒」
2「ゆらゆらと」 = 3「風の間を縫うように」
2「積もる前に」 = 3「軟着陸」
2「消えていく」 = 3「姿を消す」

このように、言葉をいくつか変えていくだけで、文章から生まれる雰囲気は大きく変わります。

 

簡単な例を一つ挙げただけですので、表現は他にも多くあるはずです。
百人いれば百通りの表現があると思います。

百通りの言葉選びがあり、それはあなたが少し意識するだけで、幾らでも変えられるものだと思います。

あなたなら、この雪の表現をどういった文章にするでしょうか?

そこで思い浮かぶ文章の雰囲気が、あなたの個性になるのだと私は思います。

ぜひ一度、自分なりの表現にトライしてみてくださいね。

 


-情景描写が上手くなる, 文章力を上げる
-,

執筆者:

関連記事

no image

セリフの使い分け

さて、今回のテーマは「セリフ」についてです。 小説を書く際には、絶対に欠かせない要素の一つではありますが、 実際に書いてみると、結構難しい……というのは 皆さんご存じのとお …

no image

擬音語を使わない

文章力を上げたいと思った時に、最初にすべき事。 はじめに結論を出してしまうならば、小説の中で擬音語を使わない事です。   擬音語とは、直接、音を文字で表すものです。例えば、「ドン」「ガン」「 …

no image

抽象的な言葉の中に、具体的な言葉を

宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」という曲の中に、面白いフレーズがありました。   -誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いている-   というフレーズです。 なんでもない、歌詞に …

no image

直喩法と隠喩法の使い方

-直喩- 直喩とは比喩(例える事)の一部です。隠喩と違い、直接的な表現で例える手法です。 代表的な言葉では「~のように」「まるで~のようだ」「あたかも~のように」「~みたいだ」など多数。 イメージを掴 …

no image

「セオリー通り」が名文を生む

文章にはセオリー(暗黙のルール)があります。 お客様への挨拶文ならば時候の挨拶から。 社内メールなら「お世話になります。~の件ですが」。 年賀状ならば今年の抱負。 文章には必ず使うべき言葉があります。 …


アクセス数
今日 :
昨日 :

小説ブログランキング
↑今一番読まれている小説ブロガーさんは?

人気ブログランキングへ