文章力を上げる

抽象的な言葉の中に、具体的な言葉を

投稿日:

宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」という曲の中に、面白いフレーズがありました。

 

-誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いている-

 

というフレーズです。

なんでもない、歌詞にありがちな一言のようにも見えますが、私はこれが
ある意味、これからの文章の主流になる書き方ではないかなと思っています。

この「誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いている」の最も肝になっている部分は
「あの子」です。

ここが「誰か」だった場合は、今までにもありがちな文章(詩)の書き方です。

つまり。

「誰かの願いが叶うころ、誰かが泣いている」は普通ですが
「誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いている」はこれからの文章だと思うのです。

小説においても詩においてもそうですが、
こういう抽象的な考え方(哲学)を言葉にする場合、本当に抽象的な言葉だけで語ると、ずいぶんと実感(生活感)のない、うわごとのように聞こえてしまいます。

特に近年の小説の世界では、哲学的な事を直接語るのはダメ、という雰囲気がありますので尚更ですよね。

そういう感じを与えないように、抽象的な考えを語る方法が「あの子」にあるような、「具体的な一言を入れる」という方法です。

彼女の歌詞にしても、言っている事は抽象的ですが、「あの子」の一言があるだけで、実際に誰かが喜んでいる裏で、女の子が泣いているシーンが具体的にイメージ出来ますよね。

こういう方法は、他のどんな言葉にでも使えると思います。

例えば。
「星の見える街」と書くと、これは綺麗な言葉を並べた「なんとなく」の表現になりますが
「星の見える村」と書くと、本当にそういう場所の紹介文のように見えてきますよね。

これも、「街」という言葉があちこちで使われすぎたため、もはや抽象的な言葉になっていますが、「村」という単語は、まだ具体的な言葉であるため、実際の村をイメージできる(抽象的になりにくい)のだと思います。

小説を書く時は、どうしても抽象的な考え方の語りを避けられませんが、
その時は、是非こういう具体的な一言を入れて、生活感のある表現に変えてみて下さいね。

きっと、わかりやすい、入り込みやすい表現に変わってくれると思います。
抽象表現でお困りの際は是非。


-文章力を上げる
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

良い表現が浮かばない時の突破口

小説を書いていると、どうしても 表現方法で詰まる時がありますよね。 こういう時、頭を切り替えて、新しい発想を出せれば良いのですが、これがなかなか難しい…。 そんな表現に詰まった時、どうす …

no image

言葉の持つ雰囲気を使い分ける

作品の雰囲気を何が作るかといえば、まずストーリーが浮かぶはずです。これは当然といえば当然です。 しかし雰囲気を作るもうひとつの大切な要素。それは間違いなく「言葉」です。   一人称にするか三 …

no image

「セオリー通り」が名文を生む

文章にはセオリー(暗黙のルール)があります。 お客様への挨拶文ならば時候の挨拶から。 社内メールなら「お世話になります。~の件ですが」。 年賀状ならば今年の抱負。 文章には必ず使うべき言葉があります。 …

no image

独創的な表現を生み出すコツ

きっと ウルトラマンのそれのように、 君の背中にもファスナーが付いていて 僕の手の届かない闇の中で 違う顔を誰かに見せているんだろう そんなの知っている もしも ウルトラマンのそれのように 総ての事に …

no image

初心者っぽさを消すための注意点

さて今回は、小説を書き始めて間もない頃に どうしても出てしまう、「初心者っぽさ」をどのようにして、なくすかについて考えてみたいと思います。 初めて何かを始める時は、誰もが必ず「初心者」です。 それは別 …


アクセス数
今日 :
昨日 :

小説ブログランキング
↑今一番読まれている小説ブロガーさんは?

人気ブログランキングへ